心の病は心療内科で診てもらおう|安心診療ガイダンス

相談

特徴や工夫することとは

笑顔

現在のストレス社会によって心を病む人が増えています。心の病気である場合、精神科か心療内科を受診する必要がありますが、それぞれには特徴があるのでその違いを知っておくと良いでしょう。まず精神科は心の病気や症状を扱い、治療する診療科であります。ここでいう心の症状とは、抑うつや強い不安、イライラや不眠、幻覚や幻聴などが挙げられます。このような自覚症状がある場合は、精神科でカウンセリングを受けてから適切な治療を行う必要があります。場合によっては精神分析や薬による治療を行うこともあるでしょう。一方で心療内科の場合は、心の症状がきっかけとなって身体にも症状が現れた場合に診療を受けるところであります。例えば動悸や息苦しさを訴えたり、下痢や便秘や嘔吐の回数が頻繁になったりするといった症状が現れたときに受診してみましょう。心療内科と書いてあるように、身体体的な症状が現れれば内科医が治療に当たったり、心の治療を行うときは精神科医が治療に当たったりすることがあります。精神科と心療内科のどちらを受診してよいか分からない場合は、電話で症状を話してドクターの指示に従うと良いかもしれません。

現在は街中で、心療内科を掲げるクリニックを見かける機会が多くなりました。それだけストレスで心を病んで身体の症状を訴える人が、増えているのかもしれません。ところで心療内科クリニックでも、患者が来院しやすいように工夫をしているところが数多くあります。例えば公式ホームページを開設して情報を提供していることであります。病気に対する情報やクリニックに対する情報を詳しく掲載することで、患者が安心して来院しやすいように工夫してホームページを作っているクリニックもたくさんあります。また診察時間も患者が来院しやすいように工夫しているクリニックもたくさんあります。患者の多くは仕事を持っているため、平日の夜遅くまで診療をしていたり、土曜日や日曜日に診療をしていたりするクリニックもあります。また患者が安心して相談できるようにするために工夫をしているクリニックもあります。例えば電話応対一つにとってもきちんと説明を行ったり、留守番電話にもきちんと返信したりするところもあります。このような工夫を積み重ねることで、患者からの信頼を得るといったメリットがあるのです。