心の病は心療内科で診てもらおう|安心診療ガイダンス

相談

体にある違和感

医療

症状に関して

主に心療内科では、心身症を受診しています。医学的には、心身医学を内科の領域で治療していくことになります。分かりやすく言うと、病気を身体だけではなく、心身面や社会面なども踏まえて、医学的に診ていく、というものです。心療内科を受診するに当たっては、いくつかの注意点があります。まず、受診期間です。通常心療内科では、1度で治療が完了するということはありません。先程も説明したように、心身面や社会面も考慮して治療を行っていくので、外科や内科での、身体だけに対しての治療以外も行われるからです。ですので、じっくり時間をかけて治していくとうものですので、焦りは禁物です。また心療内科で診療を受ける際には、別途カウンセリングを受ける必要があります。またカウンセリングは、資格を持った臨床心理士などが行ってくれますが、医師ではないので、医療行為に対する保険が効きませんので、ご注意下さい。診療自体の料金は、さほど高額ではないですが、このカウンセリングに対しての料金もかかるので、念頭に入れておいて下さい。

治療の種類

心療内科では、心の病気がもとになって身体に現れた症状を受診しています。また、身体にも症状が現れた場合、医師も、その症状や病気を治していきます。最近心療内科を受診される方で、代表的な症状を挙げておきます。朝が辛く仕事に行けない動悸、息苦しさがあるめまいがする吐き気、下痢等が続くなどです。主に社会的な側面や、ストレスなどが原因でそういった症状を引き起こしていると考えられています。これは、心身症といわれて、普段の生活部分から、ストレスなどが溜まったり、極端に嫌な思いをし続けたりと原因は様々です。正しく受診するためには、医師の判断は重要になってきます。よく特徴として、心身から伴われた症状であるにも関わらず、外的な症状が、他の診療科に適していると判断され、心療内科での治療を受ける事ができず、外的な症状だけ改善されてしまうことがあります。外的な症状は、一般的に判断しやすい特徴の症状ばかりですので、心身から起こっている症状だと判断してあげることが必要です。