心の病は心療内科で診てもらおう|安心診療ガイダンス

医者

心と体の診療科

悩む女性

社会人にも好評です

心療内科は、心と体の両面から症状を診る診療科です。ストレスが原因で生じる胃潰瘍や過敏性腸症候群、頭痛などは現在内科と心療内科がタイアップして治療に当たるケースも少なくないと言えます。この手の病気は根本的な原因であるストレスが解消されない限り、完治が難しいのが一般的です。仕事のストレスから発症することが多く、心療内科は社会人にも広く利用されています。ビジネスの場面では、実際様々な恐怖症や不安障害が見られます。例えば職場の人間関係に悩む対人恐怖や極端なあがり症、電話恐怖などが一例です。こういった症状も最近の心療内科では治療の対象にしています。特定の状況に陥ると腹痛や下痢などを起こすケースも多く、心療内科では胃腸薬や精神安定剤などを適宜使用して様子をみるのが常です。また、医師やカウンセラーとの対話を通じて、実際の生活で起こり得るストレスへの対処の仕方について学べるのも心療内科の利点となっています。昨今の心療内科では、実の所ストレスの管理が大きな治療の柱です。

捉え方が重要となります

現代生活においては、完全にストレスを失くすことは不可能です。程度の差こそあれ、何らかのストレスが日々発生しています。このような負担は一見心身にマイナスになると思われがちですが、実の所適度のストレスは心身を良い状態に保つために役立ってくれるのが常です。人生への意欲や行動の原動力となることが多く、プラスの影響も少なからずあります。心療内科では、このような多様な面を持つストレスの捉え方について本人と一緒に考えていきます。状況の見方を変えることが、症状を改善するための鍵です。様々な恐怖症の場合にも、本人の思い込みや認知の歪みが原因となっていることがあります。この場合、認識を変えることが必要です。最近の心療内科では、新たな視点でストレスとの付き合い方を提案しています。薬に依存しないことが近年は一つの課題となっているため、心理的なアプローチで治療を試みる心療内科は増えている状況です。様々な悩みを抱えがちな社会人にとって、心療内科はいざという時に頼れる診療科となっています。

体にある違和感

医療

心療内科は、心身から伴われた症状を治療する診療科です。また、カウンセリングなどの受診も必要になるので、気長に治療をしていきます。外的な症状だけ改善をしても、根本的には改善されないので、しっかりと医師に相談してください。

この記事を読む

特徴や工夫することとは

笑顔

心療内科と精神科にはそれぞれ違いや特徴があります。これらをについて理解しておくと、初診時のクリニック選びで迷ったりロスしたりすることが少なくなります。また多くの心療内科クリニックでは、患者が安心して通院出来るように様々な工夫を積み重ねています。

この記事を読む

心の病と体の病

カウンセリング

心療内科は現代社会の複雑な環境下において、心の病と体の病の因果関係を判別して抜本的解決を行う内科治療のことです。複雑化する社会において需要は増加しています。通常の治療と比較して時間はかかりますが、抜本的解決ができるため、再発防止に役立ちます。

この記事を読む

完治までの近道

笑顔の女性

心療内科の選び方は通常の病院選びとは異なります。精神的に安定した状態でリラックスして通院できることが優先順位となりますので、近い場所よりも通いやすい病院を選択することです。そして自分に合った病院にすることが近道なのです。

この記事を読む

相談できる窓口

お医者さん

心療内科や精神科では、内科では原因が特定できない病気を精神面と身体面の両方から見直していきます。鬱病の治療には副作用の少なくなった抗うつ薬や、否定的な考えをより柔軟に働きかける認知行動療法が必要になります。

この記事を読む